2014年08月03日

手に合うということ

記事を書くのが、しばらく空いてしまった。
忙しかったのもあるのだが、実は、次に書こうとしていた万年筆について、しばらく考えていたことがあり、それが決着するまでは記事が書けなかったのだ。

このブログは、昨年2013年の6月頃からの、私の万年筆と文具三昧ぶりを書き連ねるもので、多少の前後はあれど、万年筆だけは購入順に記事を書こうと思っている。2013年8月にスーベレーンを購入した後、私はネット通販で、とあるペンを購入しようと格闘していた。何故なら、注文しても、メーカーからの入荷予定が未定のためにキャンセルするか?と再三聞かれ、実際にキャンセルされてしまったこともあるからである。

結局、数度の挑戦を試み、その万年筆は、ある日突然、自宅に送られてきた。発送完了メールよりも先に、現物が届いたのだった。2013年9月29日だった。

PLATINUM #3776 センチュリー シャルトルブルー

PLATINUM #3776 CENTURY シャルトルブルー。
青い万年筆が欲しくて、ネットでいろいろ探した時に見つけた一本だった。うっすらスケルトンの、美しい青い軸に惹かれ、迷った挙げ句にネットで購入した。

結論を言ってしまえば、購入から10ヶ月後のつい先日、私はこの万年筆を手放した。下取りに出し、別の万年筆を購入してきた。

気に入っていた万年筆ではあったが、私の手にはどうしても馴染まなかったため、使用頻度は高くなかった。綺麗な色のインクを入れて楽しんではいたが、軸が微妙に太くて手に合わないことと、このペン先が硬すぎて、少し長めに筆記していると疲れてしまうのである。

せっかく買ったペンを手放したくはない。
でも、使わないのは勿体ない。

春頃から考えてはいたのだが、いろいろ検討したのちに、中古万年筆を扱う店舗に持参し、引き取っていただいた。このペンを使いたい方に使っていただける機会があるのなら、その方がよいと思ったのだ。

万年筆を何本か使うようになって、手に合うとか合わないとか、やはり自分なりにわかってきたこともある。筆圧が弱いこともあり、硬いペン先のペンは合わない。この場合、ペン先そのものの硬さだけでなく、ペンが紙に当たる感触の硬さも含まれる。書き心地が硬いペンは、試し書きやメモ、ちょっとした手帳への書き込みなどでは気にならないのだが、日記や手紙を含む「文章」を書くときにはどうしても手に馴染まない。

万年筆を使う前は、ずっとシャーペンで書いていた。それこそ、学生時代から、様々なペンを買って使っていたが、万年筆同様、手に合うペンでなければ使えなかった。シャーペンの場合、最も重要だったのは芯で、学生時代からずっと、三菱鉛筆のuniでなければだめだった。今までにどれだけ、uniのHB芯を消費したかしれない。

万年筆を選ぶとき、もちろん、試し書きをするし、持ってみた感触や太さ、重心など、気にするところはいろいろあるのだとわかってきた。デザインが好みであることは、万年筆に限らず、どんな筆記具を選ぶときも第一条件だが、万年筆は万年筆で、チェックするところがたくさんあるのだ。

長い文章を書くとどうなのか、残念ながら店頭の試し書きだけではわからないこともある。インクや紙との相性は、シャーペン以上にシビアだ。だから、店頭での判断で買ってはみたものの、実際に使ってみると、合わずに使わなくなってしまうという話も、Twitterで時々見かける。慎重に選んで買ってはいても、店頭だけではわからないこともある。
それが万年筆の楽しみでもあるとは思う。このペンは、どの紙に、どのインクに合うだろう。どういう使い方が合っているだろう。そんなことをひとつひとつ確かめながら使うのは、ある種の探究心を満たしてくれる。

人気もあるシャルトルブルーだが、残念ながら私の手では、どうしても使いこなせない。そんな気がしたので、長い眠りにつかせる前に、別天地へ送り出してきた。少し寂しい気もするが、どこかで新たな持ち主と巡り会ってくれることを祈っている。
ラベル:万年筆
posted by ゆみや at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆・インク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

私は筆圧が弱い

万年筆を使うようになってから数ヶ月後、間を置かずに二回、筆圧を測定していただく機会があった。
ペンのこと、紙との相性などについて書くにあたり、大前提として、「私は筆圧が弱い」ということをあげておく。どのくらい弱いかというと、

・字幅がMのペンでも、Fとそれほど変わらない太さになる
・字幅がMのペンでも、6ミリ罫ノートにそれなりに書ける
・万年筆と相性のよい紙と言われるものにMで書いても、硬さに負けて細字になる
・万年筆で書くとインクの色が他の方よりやや薄くなる傾向にある

他にもあるかもしれないが、ざっと思いつく限り、上記のことは、実際にペンや紙の話をするとき、前置きとして相手に伝えておくことが多い。とある万年筆屋さまに「筆圧の弱い方は正しい字幅で書いていただけないので万年筆屋としてはお勧めに苦労する」と伺ったことがあるが、確かにFもMもあまり気にせず使っている。

2013年11月2日、代官山の蔦谷書店で、PILOTの筆圧測定会があるというので足を運んだ。
自分の筆圧については、よくわかっておらず、何らかの目安になればと思って行ってみた。
余談であるが、この時の測定担当の方は、地元のショップでお会いした、PILOTの営業の方だった。私に、PILOTのブルーブラックのカートリッジをくださった方である。

方法は、専用の台の上に設置された用紙に、自分の名前を書いて、連動する測定器で測定する。
結果がグラフで出てくるので、それを見ながら、筆圧と筆記速度を教えていただく。

PILOT 筆圧測定

女性の平均値は100〜120g、とか伺った気がしたが、半分以下である。ちなみに、私の名前は、漢字四文字、三文字が画数3、最後が画数12という偏り具合だが、緊張のせいと画数が少ないせいか、筆記速度は普段より遅かったと思う。

結果を基に、推奨の字幅やペン先についてアドバイスをいただくのだが、ペン先としては細字から中細字、柔らかめのニブをお勧めされた。
担当の方のお勧めで、エラボーとフォルカンを試させていただいたが、どちらもとても書きやすく、特にフォルカンは、いつか一本手元に置きたいと思っている。


この約一ヶ月後の12月7日、同じ代官山蔦谷書店で、モンブランのビスポークが開催された。
こちらは、筆圧や筆記速度だけでなく、ペンの角度、回転など、かなり細かく分析してくれるものだ。
方法は、ペンタブレットの上に置かれた用紙に、指定された文章と、自分の名前を漢字とローマ字で書き、パソコンで測定結果が分析され、プリントアウトされる。
短文ではあるが、ノートに書くつもりで筆記したこともあり、今度は筆記速度は早めと診断された。

モンブラン ビスポーク

筆圧はグラムに換算すると49グラムほどだったので、PILOTの時より9グラム強いが、弱いことに変わりはなかった。弱すぎて、書いた文字が途切れ途切れになっているのがわかる。

筆記角度は高めで、長く書道をやっていたことが丸わかりらしい。ペンはほとんど回転させず、手首もあまりぶれないようで、筆記スタイルは安定しているらしい。
ここでもお勧めのペン先はFだった。字が小さめなので、太字は勧められないようだ。


この先、何本か万年筆の話も出てくるし、インクの話も出てくると思うが、画像を見て「どこがM?」とか思っても、筆圧が弱くてペンの固さに負けてるせいだと思っていただければ幸いである。
ラベル:万年筆
posted by ゆみや at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆・インク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

ノートのはなし・再生編

文具を買うのをセーブしてからも、地味にいろいろ増えてはいて、手元に未使用の一筆箋やノートやメモ帳がたまっている。

昔から、使いさしのノートやメモ帳をそのままにしておくのが落ち着かなくて、別のことで使い切ったりしていたが、万年筆にはまって、いろいろ使うようになってからも、その癖は直らない。

使いにくかったポケットノート、合わなかったツバメノート。他にも使いさしのノートをいくつも再生している。
勿体ないの最上級、ほぼ日手帳も再生してみた。

手帳再生

下のごはんのカバーのメモ帳も、再生ほぼ日手帳である。トレーシングペーパーでカバーしてあるが、一枚だけ残っていた便箋を切って、トレペの下に入れている。これが今、カキモリノートとともに持ち歩き、何でもメモとして重宝しているメモ帳である。書き込んだ内容は、帰宅後、それぞれのノートに書き写し、破り取って捨てている。
ほぼ日手帳の下にあるのは、頂き物のリングノートだったが、分厚い上にリングがやや硬く、書き物がしにくかったため、再生して上下半分に切ったものだが、再生ほぼ日メモ帳がなくなったら、持ち歩きメモ帳として使う予定である。

再生方法は、表紙を剥いだノートの小口に木工用ボンドを塗り、ティッシュペーパーを当てて乾かし、余分なティッシュを切り落としたあと、表紙をつけ直す(またはボンドをつける前に表紙をつけたい方向に合わせて中身と束ねておく)。最後に、元々の綴じ部分を切り落として完成である。補強にはマステを使っている。

ほぼ日手帳は糸かがりなので、綴じ側はそのまま利用した。不要なページだけ抜き、束ねて元々の表紙で包んでいる。剥いでみたら、面白いものがあったので、貼っておく。

ほぼ日手帳の背

ノートやメモ帳を再生する方法として、ネットで「ペリペリメモ 作り方」などで検索して、いろいろな方のブログなどを参考にさせていただいた。再生したのは、既存の手帳やノートだけではない。
手元にあった紙束を、何とか有効利用したいと思い、罫線を印刷して自作のミニノートなどを作ったりしていたが、いっきに減らそうと、自作のミニサイズのメモ帳を作ってみた。

自作のみにめも 制作中

できあがった「みにめも」は、友人やTwitterで欲しいと言ってくださったフォロワーさんに差し上げた。
その後も作りたいものがあるのだが、なかなか実行に至らない。作りたい熱が高まり、時間と余裕があるときに、またいろいろ作ってみたいと思っている。

自作のみにめも
ラベル:ノート
posted by ゆみや at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。