2014年06月10日

ノートのはなし・A5ノート編

元々は、無印良品のダブルリングノートを愛用していた。シャーペンでざくざく書いていた。

無印良品 ダブルリングノート

さらに以前は、学生時代からずっと、B5の大学ノートを愛用していた。最も、学校にはバインダー一冊持って行って、ルーズリーフに全部書いていたから、大学ノートは自宅で試験勉強のときにしか使っていなかった。
社会人になってからも、大学ノートを使っていたが、持ち歩きしやすいようにとA5のリングノートを買い始め、無印良品のダブルリングノート一筋となったのだ。

万年筆にはまってしばらくは、A6サイズノートを使おうとしたが、アイデアを練るなど、普段の書き物には、やはり慣れているA5サイズが合っていて、アピカのCDノートを買い求めた。手帳に使っているA6ノートが気に入っていたので、A5サイズもCDノートを選んだ。
アピカのCDノートは、中綴じノートであまり厚くない。持ち歩くときに表紙が折れたりする。外で書き物をするときは、二冊使いたくなるので、A5のノートカバーを探してみた。

折しも、両国の大江戸博物館で開催されていた「大浮世絵展」で、コクヨの浮世絵コラボのCampusノートを購入したこともあり、できればせっかく気に入っているノートの表紙が見える透明なカバーがいい。
うろうろ探しているときに、無印良品の値下げ品でよさそうなものを見つけた。

無印良品 マンスリーノート

「なめらかな書き味マンスリーノート」である。スケジュール部分は必要ないが、マンスリーページとカレンダー以外は余計なページがなく、ほとんどが方眼ノートで、これなら無駄なく使えると思ったこともある。
この中身を、差し替えてみた。

コクヨ 大浮世絵展コラボ Campusノート

これならノートの表も裏もきちんと見える。気に入ったノートがそのまま使える。
書き殴り用の方眼ノートと、まとめ用の罫ノートを入れ、主に方眼ノートに書き散らし、書き込みなどを行ったあと、罫ノートに綺麗に書き写す。
現在は、まだ方眼ノートを使い切っていないため、アピカのCDノートを入れて使っている。

書き物用ノート

方眼ノートもそろそろ使い切るので、次はどのノートを使うか検討している。条件は「殴り書きに近い使い方のため厚め」「方眼」「万年筆で書きやすい」である。無印の「なめらかな書き味」シリーズは、とても書きやすくて気に入ったのだが、残念ながらA5の方眼がない。
次の候補として、すでに購入してあるのが、エイ出版社のエイ・ステーショナリーのESノートである。まだ試し書きもしていないが、使うのは楽しみである。

買い置きのA5ノート
ラベル:ノート
posted by ゆみや at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。