2014年06月08日

Pelikan Souverän

「Souverän」とは、ドイツ語で「優れもの」という意味だそうだ。

万年筆ならモンブラン、と、何も知らない頃に思っていたが、そういう「定番」の万年筆は他にもいろいろある。その一つが、ペリカンのスーベレーンで、万年筆好きな方はたいてい一本はお持ちな気がする。

スーベレーンといえば、あの縞の軸が定番だが、個人的にはそれほど惹かれなかった。ペンなんだから、書き味だろう!?と思わなくもないが、自分の持ち物なのだから、見た目もそれなりに好みでありたい。
どちらかといえば青が好きなので、青い万年筆が欲しかった。ネットで調べているうちに、どうしても気になったのは、スーベレーンM800の限定軸、ブルー・オ・ブルーであった。

高い。しかも、数年前の限定だけあって、もう置いている店もネットショップもない。
中古で買い出すとキリがないだろうという恐れもあり、結局、今も入手できていない。欲しいけど。

万年筆の売り場に行くと、ないとわかっていてもブルー・オ・ブルーを探す。
2013年8月18日、代官山の蔦谷書店でも、ついついスーベレーンの棚を眺めに行ってみた。
実は、少し前から、ここにある一本のスーベレーンに惹かれていた。ブルー・オ・ブルーは新品で入手は難しい。そう納得したこともあり、どうしてもこのペンが欲しくなった。

Pelikan スーベレーンM600ルビーレッド

お買い上げ、である。

Pelikan スーベレーンM600ルビーレッド

Pelikan スーベレーンM600ルビーレッド。この画像をTwitterで見て、買ってしまったフォロワーさんもいたが、とにかく美しい赤である。
字幅はEFだったが、中字くらいの太さの字が書けた。インクフローが元気が良すぎて、インクによっては裏抜けまでしてしまい、後日、ペンクリのお世話になったので、今はFくらいの字幅になっている。購入当初とは、若干、書き心地が変わったが、バランスといい、太さといい、手によく馴染んで書きやすい。

Pelikan スーベレーンM600ルビーレッド

最初は、セーラーのジェントルインク「グレナーデ」を入れていた。「ざくろ」という名前にふさわしい、赤ワインに近いインクで、とても綺麗だった。画像は、インク工房で作ったオリジナルのココアのような赤みの茶色で筆記したものだが、インクフローと字幅の確認のために、ミッドナイトブルーを入れてみたら、実に迫力あるペンになった。

ブルー・オ・ブルーも、完全に諦めたわけではないが、ご縁に任せようと思っている。欲しいけど(二度目)。
ラベル:万年筆
posted by ゆみや at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆・インク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。